ハイビスカスティーは美肌・疲労回復効果の高いハーブティーとして女性に人気がありますが、便秘の解消にも効果があるのです。

美しくなるには快便も大事ですよね。

しかし薬ではないのですぐに効果が出るということはなく、穏やかに効いてきます。

そのため即効性を求める人にはなかなか効果が出ず、じれったくなるかもしれません。

なのでゆっくり便秘を解消して、さらに美肌効果などが欲しい人は記事の続きをお読みください。

今すぐにでも便秘を解消したい人は管理人おすすめの便秘茶をご覧ください!

ハイビスカスの特徴

ハイビスカスティーの原料は観賞用のハイビスカスではなく、アオイ科のローゼルで、亜熱帯地方で栽培されている食用のハーブなんです。

ローゼルの果実がハーブティーやジャム、お酒、ゼリーなどに利用されます。

ハイビスカスティーは色鮮やかな赤と酸味が特徴で、他のハーブとブレンドされることが多く、特にローズヒップと一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

ハイビスカスティーはクレオパトロも美容のために愛飲していたと伝えられるほどで、美貌を保つための必需品だったのかもしれませんね。

成分と効果

ハイビスカスティーには次のような成分が含まれています。

クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸、アントシアニン、ポリフェノール、ペクチン、ビタミンC、鉄、カリウムなど

 

では期待できる効果を一つずつ見てみましょう!

便秘の解消

ハイビスカスティーに含まれるペクチンは水溶性食物繊維で、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境をよくする働きがあるため、便秘の解消に効果的です。

便秘が解消すると老廃物が排出されるようになるので、便秘が原因のニキビや肌荒れなども解消するのです。

美肌効果

ハイビスカスティーに含まれるクエン酸やリンゴ酸は、肌の新陳代謝を促し、古い皮膚を新しい皮膚へ生まれ変わらせる働きがあるため、美肌効果が期待できます。

さらに豊富に含まれているビタミンCにも美肌効果があり、コラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素を抑制する働きがあるのです。

またビタミンCとポリフェノールには抗酸化作用があるため、活性酸素が原因のシミやシワなどの肌の老化の予防になります。

血糖値の上昇を抑える

ポリフェノールは食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。そのため糖尿病の予防や改善、ダイエットにも効果が期待できるのです。

ハイビスカスティーはカロリー0なので、カロリーを気にする必要もないですね。

疲労回復

クエン酸は疲労の原因となる乳酸を分解し、新陳代謝を助ける働きがあるため、疲労の回復にも効果があります。

冷え性の改善

クエン酸には血行を促進する効果もあるため、冷え性の改善にも効果的です。

冷えから便秘になることもあるので、冷え性で便秘の自覚がある人は体を温めることが大切ですね。

むくみと高血圧の改善

ハイビスカスティーに含まれるカリウムには利尿作用があるため、体内の余分な水分や塩分を排出する働きがあります。

むくみは体内に水分をため込んでいる状態のため、カリウムがむくみの改善に役立つのですね。

またカリウムは血圧を下げる働きもあるため、高血圧の改善も期待できます。

眼精疲労の回復

ハイビスカスティーの赤色はアントシアニンの色素成分で、ブルーベリーに多く含まれているのでお馴染みですよね。

アントシアニンはロドプシンという目の網膜の色素の再合成を促し、眼精疲労を回復する効果が期待できます。

副作用はある?妊婦さんは注意!

ハーブティーの中にはカモミールティーのように妊娠中は控えたほうがいいとされるものもあります。

ハイビスカスティーはというと、妊婦さんが控えるべきカフェインは含まれておらず、妊娠中におすすめのハーブティーとも言われるのですが。

妊婦中の悩み解決ノートにインドの大学によるハイビスカスティーの妊婦への影響についての研究結果が書かれています。

それによると

ハイビスカスティーは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをする、エストロゲン様作用があるため、過剰な摂取は妊娠・出産に影響するとのこと。

女性の妊娠・出産による体の変化は、女性ホルモンによりコントロールされています。

だから、女性ホルモンによく似た成分を多量に摂取してしまうと、その分が上乗せされてしまい、本来あるべきホルモンバランスが崩れてしまう

ということなのです。 

過剰な摂取が問題なので、適量ならば心配はないと思われますが、念のためお医者さんで確認した上で飲んだほうがいいですね。

またハイビスカスティーは血圧を下げる効果もあるため、低血圧の人や血圧降下剤を服用している人が飲むと血圧が下がりすぎる可能性があるため、注意しましょう。

おいしい飲み方

まずはハーブの成分を十分に出すために、沸騰したお湯を使うことが大切です。

ハイビスカスティーに含まれるポリフェノールは食後の血糖値の上昇を抑えてくれるため、血糖値が気になる人は食事と一緒に摂取すると効果的です。

飲み過ぎはかえって体調が悪くなる可能性もあるので、1日2~3杯程度にしておきましょう。

ハイビスカスティーは酸味が強いため、ちょっと飲みにくいと感じるかもしれませんね。

そんな時ははちみつや砂糖で甘みを加えたり、相性がいいとされるローズヒップとブレンドすると飲みやすくなります。

ローズヒップはビタミンCの爆弾と言われるくらいビタミンCがたっぷりなので、美容が気になる人には特におすすめです。

またオレンジジュースやカルピスなどと合わせてもおいしくなりますよ。

口コミから効果を確認

楽天で口コミ数が多く、評価の高い小島屋の【エジプト産 ハイビスカスティー・ファインカット】から口コミを見てみましょう。

肌がしっとり

程よい酸味で、とても飲みやすいです。最近、肌がしっとりして来ました!
30代女性

むくみが改善

コーヒーをハイビスカスティーに変えてから、体調がすごくいいです。水分代謝がよくなったのか、ムクみがとれてきたんです!
30代女性

利尿作用

薬効の方ですが、コレを飲むのをサボったあと、また舞い戻った際にトイレの数が倍になるあたり、利尿作用は本物だと思いました。
20代女性

疲労回復

砂糖を多めにして冷蔵庫で冷やしておき、外から帰ってきて飲むと、ほどよい酸味と甘さに疲れも汗も吹き飛びます。
20代女性

血圧が下がりすぎた

やかんで煮出して飲みました。2日ぐらいから血圧が下がりフラフラに。ハイビスカスティー効果だと気づかずそのまま美容の為にごくごく飲んでいると血圧が74/31まで下がりぶっ倒れました。
30代女性
口コミのまとめ
こちらのハイビスカスティーは少しの量でよく出るので使いやすいという人が多いです。またローズヒップと混ぜて飲んでいる人が非常に多いですね。

口コミにあるようにハイビスカスティーは血圧を下げる効果があるため、低血圧の人がガブガブ飲むのは危ないので注意しましょう。

まとめ

ハイビスカスティーは女性にうれしい効果がたくさんありますね。

だからといって1度にガブガブ飲んでもすぐに効果が現れることはない上、飲み過ぎによって体調を崩しかねません。

適量を飲み続けることで体調を整えましょう。

>>>おすすめの便秘茶ランキングへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事